:ピアノ・ソナタ 第23番「熱情」 Op.57 ヘ短調, Beethoven, Ludwig van:Sonate für Klavier Nr.23 "Appassionata" f-moll Op.57, 1805年に完成したと推定されるこのソナタは、彼が1803年に入手したエラール製のピアノで作曲されたと考えられている。幅広いダイナミック・レンジと最低・高音域の重点的な使用が、この新しい楽器の特性を活かした結果と見られるからだ。そしてその劇的表現には、当時ベートーヴェンが取り組んでいたオペラ《フィデリオ(レオノーレ)》の表現の応用を見て取ることもできる。そのように見ると、この楽曲におけるヘ短調と調の選択とその陰鬱な響きは、《フィデリオ》第2幕冒頭の牢獄の場面の響きへと通じていることに気づかされる。, なお、自筆譜はパリ音楽院所蔵であるが、ファクシミリが出版されており、これを見ると第3楽章に数多くの修正が認められる。一気に書き上げた第1・2楽章に対して試行錯誤を重ねたことがうかがえる。, 主要主題は、特徴的なリズム・パターンによる主和音の分散和音と属和音上のトリル音型という2つの動機からなり、これがすぐにナポリII度の調(変ト長調)で繰り返される。第5交響曲Op.67の第1楽章で中心的に用いられる、いわゆる「運命の動機」も低音域に姿を見せる。, 和音の上行連打を挟みつつ主題が確保された後、変ホ音の同音連打による推移部が変イ長調の副次主題を準備する。, 主要主題における分散和音のリズム・パターンと類似した変イ長調の副次主題の提示に続き、低音域での分散和音のなかに主要主題後半のトリル音型を取り込んだ変イ短調のもう1つの副次主題があらわれる。切れ間なくコデッタへなだれ込み、高音域の細かい分散和音と低音域へ下降する長い音価の分散和音によって、5オクターヴ隔たった変イ音に収束する。, 提示部の反復はなく、提示部最後の変イ音を異名同音の嬰ト音に読み替えてホ長調に転調する。まず主要主題がホ長調であらわれ、後半の動機(トリル音型)が発展的に繰り返される。次に前半の動機(リズム的分散和音)がホ短調、ハ短調で展開され、変イ音の同音連打へたどりつく。これは紛れも無く提示部の推移部分であり、続いて変ニ長調で第1の副次主題があらわれる。, この副次主題が変ロ短調、変ト長調へと発展し、変ト音を嬰へ音に読み替えてロ短調を一瞬経由して主調であるヘ短調の二重ドミナント、そしてドミナントへと進行する。, 導音上の減7和音(属9和音の根音省略形ともいう)の幅広い音域の分散和音、高音域と低音域で繰り返される変ニ音→ハ音の「運命の動機」が再現部を導く。, 「運命の動機」から引き続く低音域でのハ音、すなわちヘ短調の属音の連打の上に主要主題が再現される。同主長調であるヘ長調で確保されたのち、推移を経てヘ長調、ヘ短調で再現される。, 結句は5オクターヴ隔たったへ音へは収束せず、そのまま細かな分散和音と低音域に主要主題前半の動機が発展的に繰り返される。変ニ長調へ転じて第1副次主題があらわれ、ヘ短調へ戻るも、すぐにナポリII度の和音からはじまる分散和音のデンツァ風の楽句が挿入される。「運命の動機」が繰り返されるなか、Piu Allegroとなって第1副次主題がヘ短調であらわれ、最弱音(PPP)へ沈み込んで終結する。, 提示部の主題がすべて主要主題から導き出されている動機展開技法のほか、展開部の提示部との構造上の共通性、終結部が第2の展開部にまで拡大されている点など、多くの面で円熟したベートーヴェンのソナタ形式楽章の姿がみてとれる。, 8小節からなる2つの楽句が、それぞれ反復記号によって繰り返される計32小節の主題と、4つの変奏からなる楽章。, 第1変奏はシンコペーション・リズムが基本となり、第2変奏では16分音符、第3変奏では32分音符を基調としており、徐々に音価が細かくなってゆく。第4変奏では冒頭とよく似た形で主題が回帰する。減7和音が弱奏と強奏で2度鳴り響くと、切れ間無く第3楽章へ突入する。, 前楽章に引き続き、減7和音の付点リズムによる連打によって導入される。主要主題は拍頭の音が第1楽章の主要主題と共通しているほか、ナポリII度和音上で繰り返されることも、第1楽章の主要主題と通低しており、この楽曲全体が第1楽章の主要主題から導き出されているといってもよいかもしれない。, 副次主題は属調のハ短調であらわれるが、これもナポリII度の和音によって特徴づけられている。, 展開部はもっぱら変ロ短調で書かれており、主要主題が発展的に扱われた後、リズム的特長をもつ新たな動機があらわれる。ヘ短調で再び主要主題をあつかい、属保続音(ハ音)が主調を完全に準備する。, 再現部では主要主題、副次主題ともヘ短調で再現され、反復記号によって展開部の冒頭へ戻る。, 第1楽章のような「第2の展開部」としての終結部というよりは、むしろ器楽的に発展し、華々しく楽曲を締めくくる要素が強い。Prestoとなり、和音連打による楽句、分散和音の和声型にささえられた主要主題によって全曲を閉じる。, 第1楽章の発展的なソナタ形式に対し、第3楽章では提示部の2つの主題の調性関係と展開部+再現部の調性関係が、それぞれ主調→属調/下属調→主調というシンメトリカルに構成され、古典的な2部分ソナタの構成が強く意識されているように思われる。, そもそもソナタ形式の展開部とは、提示部の主調→属調という関係に対して、再現での主調回帰へむけた移行プロセスの部分であり、経過的な部分であった。それゆえ、提示部の主題とは関係のない経過的な楽句がはさみこまれることもしばしばある。しかし、このソナタの第3楽章展開部にみられるような、主題的特徴をもつような動機の挿入は、こうした伝統的なソナタ形式の枠組みのなかでは語れない。, 第1楽章終結部を「第2の展開部」として拡大する構成法や、第3楽章展開部における新動機の登場は、すべて《交響曲第3番》「英雄」Op.55の構成に通じている。, この作品でベートーヴェンは、エラール製ピアノによって得られた幅広いダイナミック・レンジと音域、そして交響曲的な展開技法と構成法を融合させることで、ピアノ・ソナタのジャンルにおいて新たな一歩を踏み出したといえよう。, 第36回入賞者記念コンサート/ ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調 Op.57 "熱情" 第1楽章, Copyright 1996-2019 PianoTeachers' National Association of Japan, 新進芸術家育成プロジェクト・リサイタルシリーズ プラスvol.14 堀 裕貴ピアノ・リサイタル. 私自身は、これまで常にベートーヴェンを演奏してきましたし、半年に一度はベートーヴェンを1~2曲、プログラムに組み入れています。 ただ、今回日本で演奏する「熱情」ソナタを弾こうと決心したのは比較的、最近です。 ベートーヴェンのピアノ ソナタ演奏について大変勝手なこと を言ってきましたが、他に歴史的名演に数えられるところでは、吉田秀和氏 が褒めた1902年生まれのイギリスのピアニスト、カッ トナー・ソロモンも聞いてみました。 コンスタンチン・リフシッツ(ピアノ) ベートーヴェンへの旅 ピアノ・ソナタ全32曲演奏会 4月29日(水・祝)に開催のVol.3 in 横浜 ・青葉台「熱情」の青澤隆明さん(音楽評論)による曲目解説をご覧いただけます。 コンサートの予習に是非ご覧下さい。 ダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim, 1942年-) アルゼンチン出身の、ユダヤ人ピアニスト・指揮者(現在の国籍はイスラエル) 神童として名をはせ10代の頃からピアニストとして活躍すると、20代半ばからは指揮者としても活躍する。 パリ管弦楽団、シカゴ交響楽団、ベルリン・シュターツカペレの音楽監督なども歴任。 オペラ部門、室内楽部門、管弦楽曲部門、ソリスト部門、ベスト・クラシック部門などでグラミー賞を受賞。 ベートーヴェンは上記以外にもピアノソナタを多く書いていて、その数全部で32曲になります。 中でも超有名なのが今から取り上げる3曲、タイトルで示すと 「悲愴」「月光」「熱情」 で、この3曲が ベートーヴェン の3大ピアノソナタ と呼ばれています。 ベートーヴェン 独Profil リヒテル・ベートーヴェン・ボックス(12CD)(日本語解説付) - ベートーヴェン(1770-1827)のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。 Amazon Advertising 商品の露出でお客様の関心と 反応を引き出す: Audible(オーディブル) 本は、聴こう。 最初の1冊は無料: アマゾン ウェブ サービス(AWS) クラウドコンピューティング サービス Amazonアウトレット 訳あり商品を お手頃価格で販売: Prime Now 好きな時間が選べる。 ランキングに挙げるピアノソナタには難易度を掲載しました。その意味は易から難の順に「C」、「B」、「A」で表しました。元々、ピアノ上級者向けの難曲を挙げているので、「C」レベル以下のものは出てきません。 ベートーベン 熱情 解説3 クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪ ベートーベン【熱情】cd選び方 クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第21番 ハ長調 作品53「ワルトシュタイン」 ベートーヴェンの32のピアノ・ソナタのうち、「熱情」と並んで中期の最高傑作と称えられる「ワルトシュタイン・ソナタ」は1803年から04年にかけて作曲された。 クラシック音楽「名曲」の解説と名盤(Musica Classica) All Rights Reserved. 【徹底解説】ベートーヴェン「月光」第三楽章 難所と練習のポイント 冒頭2小節の右手のアルペジオ. ノンレガート気味に滞りなくクリアに弾くところです。 そのためには、音同士が決してくっつかないように、打鍵後すぐに次の音に重心が移るよう指を良く動かす必要があります。 ピアノソナタ第八番「悲愴」は、1798年に作曲されました。この時期は、ベートーベンが難聴を自覚した時期であることは有名です。ともすれば、「悲愴とは音楽家の命である聴覚を失うことを悲しんだベートーベンの魂の発露である」という解釈をしてしまいますが、その曲調は「ベートーベンの個人的な悲しみ」ではなく、「人生の様々な場面で襲い来る悲しみに揺れ動く人間の感情」そのものを表現するかのような緩急入り混じったテンポを持っています。そもそもタイトルの「悲愴」というのは「深 … ベートーヴェン「熱情ソナタ」の難易度と弾き方を解説! ~ピアノソナタ第23番ヘ短調作品57 2019年1月16日 ←閲覧中の記事 かっこうの鳴き声が聞こえるソナタ、ベートーヴェンソナタ25番第1楽章の弾き方と難易度 2019年1月24日 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven、1770年12月16日頃-1827年3月26日)の代表曲・名曲を年代を追って整理しています。 ここで... フランツ・ブルンスヴィック(Franz Brunsvik, 1777年- 1849年), アルトゥール・ルービンシュタイン(Arthur Rubinstein, 1887年1月28日 – 1982年12月20日), ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」&第14番「月光」&第23番「熱情」&第26番「告別」. 定番のエリーゼのためにや、さらばピアノよ、トルコ行進曲の原曲を聴いたことはありますか?ピアノソナタでは月光や悲愴、熱情がオススメで、宇野昌磨選手も演技した「月光」が今のトレンドでしょう。失われた小銭への怒りという脳筋のような作品もありますので是非ご覧ください。 生誕250周年という記念すべき年を迎えたルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン。この機会にベートーヴェンが残した傑作に改めて触れていただきたく、ベートーヴェンの超定番曲を30曲をセレクト。音楽ジャーナリスト、寺西肇さんの解説でご紹介する。 当時ベートーヴェンが使用していたエラール製のピアノ 「熱情」は、ベートーヴェンの数あるピアノ・ソナタのなかでも最も有名な作品の一つです。タイトルの「熱情」が示すように、沸き上がるような情熱に満ちています。 調子に乗って、ベートーヴェンのピアノソナタの難易度も独自に検討してみることとし、全曲解説を載せました。解説は難しい曲の方があれこれ書きやすいので、今回は全32曲中から、難易度上位の20曲を … 冒頭、「熱情」のタイトルとは対極にあるような、深く沈み込むような第1主題が静かに奏でられます。 「熱情」は、そんな叶わぬ恋の苦しみの中で書かれたといいます。 求めても求めても得られぬ苦しみ。 それを激しい旋律に込めたのです。 ピアノ・ソナタ 第23番「熱情」 Op.57 ヘ短調/Sonate für Klavier Nr.23 "Appassionata" f-moll Op.57 - ベートーヴェン - 【総説&楽曲分析】1805年に完成したと推定されるこのソナタは、彼が1803年に入手したエラール製のピアノで作曲されたと考えられている。幅広いダイナミック・レンジと最低・高音域の … ピアノソナタ第23番ヘ短調 作品57は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが作曲したピアノソナタ。『熱情(アパショナータ)』という通称により有名で、ベートーヴェン中期の最高傑作のひとつとして名高い。 【世界を音楽であふれさせようプロジェクト】〔その②楽曲解説プロジェクト#3〕久しぶりの解説プロジェクト。以前アップしたベートーヴェン「熱情」ソナタの第2、3楽章です。第1楽章の解説に時間がかかりすぎて時間切れになったので、駆け足です(笑)。 ベートーヴェン全曲を「作品が書かれた順」に聴いていく意義とは? ベートーヴェン生誕250周年に寄せて、ontomoが1年かけて毎日連載する「おやすみベートーヴェン」の監修をお願いしている平野昭さんにインタビュー! 〔標準版ピアノ楽譜〕ベートーヴェン ピアノ・ソナタ集2 New Edition 解説付についての詳細。1941年以来、音楽を愛する皆様と共に雑誌、楽譜、書籍の出版社として歩んで参りました、株式会社音楽之友社のWEBページです。 ベートーヴェン「ピアノソナタ第23番《熱情》」解説 第1楽章:Allegro assai. ベートーヴェンのピアノソナタ第23番 ヘ短調 作品57は、ベートーヴェンが作曲した32曲のピアノ・ソナタのなかでも最も有名な作品の一つです。 「第8番(悲愴)」「第14番(月光)」と共に、ベートーヴェンの三大ピアノソナタと呼ばれることもあります。, また「熱情」という通称でも知られており、ベートーヴェン中期の最高傑作のひとつに数えられます。 「熱情」という通称はベートーヴェンによるものではなく、ハンブルクの出版社が出版の際に名付けたものです。 中期の作品としては、他には「交響曲第3番(英雄)」「ヴァイオリンソナタ第9番(クロイツェル)」「ピアノソナタ第21番(ヴァルトシュタイン)」などが挙げられます。, ここではベートーヴェン「ピアノソナタ第23番」の解説と名盤の紹介をしたいと思います。, ダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim, 1942年-) アルゼンチン出身の、ユダヤ人ピアニスト・指揮者(現在の国籍はイスラエル) 神童として名をはせ10代の頃からピアニストとして活躍すると、20代半ばからは指揮者としても活躍する。 パリ管弦楽団、シカゴ交響楽団、ベルリン・シュターツカペレの音楽監督なども歴任。 オペラ部門、室内楽部門、管弦楽曲部門、ソリスト部門、ベスト・クラシック部門などでグラミー賞を受賞。, ベートーヴェンは作曲家としてだけではなく、ピアニストとしても有名でした。 そのためベートーヴェンは多くのピアノ曲を作曲しています。, ベートーヴェンの生きていた時代は、丁度ピアノの技術が進歩した時代でした。 ピアノと言う楽器自体が発展したのと同時に、ベートーヴェンのピアノ曲も発展していきました。 「熱情」が作曲された頃の1803年に、ヴァルトシュタイン伯爵からエラール製の新しいピアノが送られてきました。 そのピアノにより、今までのピアノより音域が広く幅広い音量で演奏することが可能になりました。 「熱情」はその広がったピアノの可能性を十分に活用し、ドラマティックで情熱的な音楽に描かれています。 第一楽章の強烈な和音連打も、当時のピアノ技術の最先端の奏法の一つです。, 曲の構成は3楽章からなるソナタで、ベートーヴェンらしい激しい感情が表現されており、古典派とロマン派の中間的な性格を持った作品になっています。 「熱情」はベートーヴェンのピアノソナタの中でも最も激しい曲だと評する人もいます。 一般的な方がイメージするベートーヴェンは、まさに「熱情」のような音楽に近いかもしれません。, 「熱情」の作曲は1804年に始まり、オペラ「フィデリオ」と同時期に作曲されました。 この頃ベートーヴェンの耳は既に悪化しており、時期としてはハイリゲンシュタットの遺書が書かれた2年後にあたります。 またこの頃「交響曲第5番(運命)」の作曲もしており、5番で使われる「運命の動機」は「熱情」の第1楽章でも用いられています。, この曲は自筆譜が残されており、自筆譜にはシミが付いています。 これは持ち歩いていた自筆譜を雨で濡らしてしまったためだそうです。 ベートーヴェンは「熱情」の楽譜を改訂を加えるためによく持ち歩いていたと言われています。 そして実際に自筆譜には、多くの書き直しの後が見られます。, ベートーヴェンは「熱情」を作曲した後、4年間もピアノ・ソナタを書いていません。 「熱情」でピアノソナタの頂点に達したと感じたのかもしれませんね。, 「熱情」はベートーヴェンと関係の深いフランツ・ブルンスヴィック(Franz Brunsvik, 1777年- 1849年)伯爵に献呈されました。, ハンガリーの伯爵であったブルンスヴィックは、チェリストでもありました。 伯爵は頻繁にウィーンを訪れており、1799年にベートーヴェンと知り合います。 その後伯爵とベートーヴェンは「親友」とも呼べるような間柄になり、家族ぐるみでの付き合いが始まります。, ベートーヴェンは「熱情」の他に、ピアノ小品の「幻想曲」(作品77)も伯爵に献呈しました。, 第1主題が奏でられ、その後すぐに交響曲第5番「運命」で使われる「運命の動機」が低音域でゆったりとが現れます。 この「運命の動機」は展開部の最後やコーダでも聴くことが出来ます。 第1楽章の最後は、第2主題に続いて第1主題が回想された中で静かに終わります。, 穏やかで美しい音楽で第2楽章は始まります。 そしてシンコペーションが印象的なリズムから、16分音符、そして32分音符と、基調となる音符が順に細かくなっていきます。 減7和音が弱奏と強奏で2度鳴り、音楽は途切れることなく第3楽章へと入ります。, 第2楽章を引き継ぎ、開始から減7和音が強く鳴り、やがて第1主題が現れます。 展開部、再現部を経て、最後は第1主題がとても速いテンポで演奏され、まさしく「熱情」の中で幕を閉じます。, ルービンシュタインの名演でベートーヴェンの三大ピアノソナタを堪能してはいかがでしょうか。 定番の1枚としても知られており、クラシックの初心者の方にもオススメの1枚です。, アルトゥール・ルービンシュタイン(Arthur Rubinstein, 1887年1月28日 – 1982年12月20日) ポーランド出身で、20世紀を代表するピアニストとして知られている。 母国ポーランドの作曲家ショパンをはじめ、シューマン、ベートーヴェン、ブラームスやブラジル音楽など、多くのレパートリーを誇った。 1899年:ポツダムでデビュー 1990年:ヨアヒムの指揮でベルリン・デビュー 1937年:ナチスの迫害を逃れて米国に移住 1946年:アメリカに帰化, ベートーヴェン「ピアノソナタ第23番(熱情)」のその他の録音も紹介したいと思います。, ボヘミア・ヘプ出身の20世紀を代表するピアニスト、ルドルフ・ゼルキンによるベートーヴェンの「ピアノソナタ第23番(熱情)」です。 彼はドイツ音楽を得意としており、その中でもベートーヴェンの演奏は特に評価を得ていました。, このジャケットのCDでは、「月光」「熱情」「悲愴」は1962年に、「テレーゼ」は1973年に録音されています。, マウリツィオ・ポリーニは(Maurizio Pollini/1942年-)イタリア、ミラノ出身の現代を代表する名ピアニストです。 超絶技巧の持ち主で、演出困難と言われる曲も難なく操ることでも知られています。, 「悲愴」は2003年、「月光」は1991年、「熱情」は2002年に録音されています。. ベートーヴェン作曲「ソナタ第8番ハ短調Op.13(悲愴)」は、ベートーヴェンが名付けた2つのソナタのうちの1つです。長い序奏のついた初めての作品で、第2楽章は特に有名です。第1楽章のオクターヴトレモロ、第2楽章は低音域、第3楽章はテンポが厄介です。 大方の人にとっては、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタと言っても、《春》や《クロイツェル》くらいしか馴染みがないことだろう。この2曲以外でよく演奏されるベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタといえば、「ハ短調」の『第7番』と軽快で親しみやすい『第8番』くらいではないだろうか。筆者も『第1番』や『第10番』のソナタを最後に演奏会で聴いたのがいつだったか、すぐには思い出すことができない。 いずれにせよ、生でベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタを全曲聴くには相当な努力 … ピアノソナタ第23番『熱情』ヘ短調作品57は、ベートーヴェン(ベートーベン)の作曲した23番目の番号付きピアノソナタ。 第8番『悲愴』、第14番『月光』と並び、ベートーヴェンの三大ピアノソナタとされている。 写真:ドイツ・ハンブルク市庁舎(出典:Wikipedia)

フリーアイコン 動物 Pixiv, 犬 飛行機 薬, まめ きち まめ こ クッション, イオン銀行 アプリ E070001, 京都 川床 ランチ 冬,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です