皆さんは、『Googleスライド』を使ったことがありますか? プレゼンテーション資料の作成では、Microsoft Officeの『PowerPoint(パワーポイント)』や、Appleの『Keynote(キーノート)』が有名ですが、Googleスライドはそれらにはない便利な機能がついています。 Copyright © Virtual Planner All rights reserved. プレゼン資料を作るとき、多くの方はPowerPoint(パワーポイント)に頼るのではないでしょうか。しかし最近では、PowerPointにはない便利な機能や仕組みを持っていることから、 Google スライドを利用する人が増えつつあります。 記事では、 Google スライドの機能やPowerPointとの違いを紹介します。 Googleスプレッドシートとは、検索で有名なGoogleが開発した表計算ソフトです。表計算ソフトといえばマイクロソフトのExcelが有名ですが、Googleスプレッドシートの人気も徐々に高まっています。 ここでは編集や共有方法などExcelとの使い方の違いを交えながら、Googleスプレッドシート … 1 Googleスライドとは?; 2 PowerPointとの違い; 3 Googleスライドの便利機能と特徴. 音声付きPowerPointの再生方法 音声付きPowerPointをGoogleドライブ経由で確認するには. スマホ・タブレットでは、Google スライドのアプリをお使いかと思います。 アプリでは、PDF にエクスポート(保存)する機能はありません。 PowerPointでスライドを作っている企業はいまだに多いでしょう。確かにPowerPointも優れているツールですが、テレワークを導入するならGoogleスライドを使用できるG Suiteがおすすめです。PowerPointとの違いや活用方法に至るまで、詳しく解説していきます。 google スライドとパワポを連携して使う Google スライドは無料でシンプルさがウリ、PowerPointは有料で豊富な機能がウリです。いくらGoogle スライドを気に入ったからと言っても、多くの企業で使われているPowerPointのスキルは必ず必要になります。 プレゼンテーションの資料作りに、Googleスライドが意外と便利に利用できることはご存知でしょうか。機能が豊富で充実したPowerPointと比べて、その違いはもちろんGoogleスライドでできる便利な使い方を詳しく紹介していきます。 Google スライドを利用すれば、どこにいてもスライドの作成、編集、共同作業を無料で行うことができます。 Googleスプレッドシートは、Microsoft Officeのエクセル形式とそれぞれ簡単にファイル変換することができます。ここではそれぞれの変換方法について、PC操作での方法を解説していきます。 Googleスライドを使えば、PowerPointやKeynoteなどのようなスライドが を無料で作成することができます。 複数の人や、スマホやタブレットなどからもいつでもどこでも自由に編集できるので、アイディアをすぐに形にできることから今注目を集めています。 と理解してください。 スライドマスターは罫線のようなもの、と説明しましたが、 パワーポイントでは複数の種類、設定できます。 具体的には、罫線や模様は共通化したいけど、 https://www.google.com/intl/ja_jp/slides/about/. Microsoft Power BI ハンズオントレーニング | Microsoft365チャンネル, Office 365 Proplusカタログ | Microsoft365チャンネル, Microsoft 365向けバックアップとアーカイブ | Microsoft365チャンネル, Cloud AI ライト- Office 365をもっと便利に! | Microsoft365チャンネル, Office 365 トライアル環境構築サービス | Microsoft365チャンネル, Cloud AI ライトfor Office365 | Microsoft365チャンネル, 新しいOfficeへ移行する理由がわかる本 | Microsoft365チャンネル, Microsoft Officeユーザーのための 最新版 Microsoft Office まるわかりガイド, ビジネスをスマートに実現する企業のためのMicrosoft 365 賢い買い方ガイド. パワポ(パワーポイント、PowerPoint)をのテクニック集 1.ファイルサイズを小さくする. Google と Microsoft では同じように文書作成ソフト、表計算ソフト、プレゼンテーションソフトをリリースしています。 どちらも同じような機能を持ったソフトウェアでよく比較の対象になるのですが、よく考えると明確な違いがあります。 Microsoft Office はパソコン上で動作する Googleスライドをパワーポイントに変換する方法とパワーポイントをGoogleスライドに変換する方法をご紹介します。Googleスライドをパワーポイントに変換する方法「ファイル」を選択↓「形式をしてダウンロード」を選択↓「Microsof スライドマスターは共通項目、スライドレイアウトは個別項目. 目次. 画像がたくさん入ったスライドが何枚もあると、 ファイルサイズ が大きくなってしまいます。 このようなときは「画像圧縮」機能を使用しましょう。 4-2.Googleスライド Googleが提供するオンライン上で使用するプレゼンテーションツールサービスです。 パワーポイントよりもシンプルな画面ですが、機能は見劣りしません。 GoogleスライドとPowerPointの画面を比較してみると、操作性やインターフェースにほとんど違いはありません。 パワーポイントと違いメール添付で送らなくてよく、Google スライド上でメンバーを追加していくか、公開設定を変更すればよい。 「添付ファイル付きのメールを送らなくてよい」はちょっとした手間の削減だが、メール作成は時間がかかるためかなり効率化できていると思う。 Google スライドが PDF としてエクスポート(保存)されました。 スマホ・タブレットでエクスポート(保存)する. PowerPointでスライドを作っている企業はいまだに多いでしょう。確かにPowerPointも優れているツールですが、テレワークを導入するならGoogleスライドを使用できるG Suiteがおすすめです。PowerPointとの違いや活用方法に至るまで、詳しく解説していきます。 googleスライドをご存知ですか? パワポ(パワーポイント)の代わりにプロジェクターでのプレゼンテーション用の資料作成等ができる優れものです。特徴や使い方、メリットを画像や実際のスライドを用いてご紹介します。 今回は 無料で使えるオフィスソフトである Googleドキュメント Googleスライド Googleスプレッドシート の使い方についてご紹介いたします。 Officeソフトといえば マイクロソフトオフィスを イメージする方が多いかと思いますが、 実はこのGoogl Googleスライドでは「非表示」という言葉がないので、できないと思っている人もいるかもしれません。 他にもあるGoogleスライドとパワーポイントの機能名称の違い 1 Googleスライドとは?; 2 PowerPointとの違い; 3 Googleスライドの便利機能と特徴. Googleスライドはマイクロソフト Officeのパワーポイント(PowerPoint)形式に簡単に変換することができます。Googleスライド→パワーポイントパワーポイント→Googleスライドどちらも可能です。ここではそれぞれの変換方法の手順(PC操作)について解説します。 と理解してください。 スライドマスターは罫線のようなもの、と説明しましたが、 パワーポイントでは複数の種類、設定できます。 具体的には、罫線や模様は共通化したいけど、 Googleドキュメント・Googleスプレッドシート・Googleスライドとは Googleが無料で提供しているオンラインアプリ。 マイクロソフトのOfficeシリーズに似ています。 ドキュメント=ワード スプレッドシート=エクセル スライド=パワーポイント. パワーポイントのデータは原則としてパソコンのメモリに保存される一方、Googleスライドのデータは「Googleドライブ」というクラウド上に保存されます。 GoogleスライドとPowerPointの違いで最も大きいのは、フォント数でしょう。G Googleスライドには19種類、PowerPointにはそれを上回る数のフォントが登録されています。� 【初心者必見】Googleスライドの基本的な使い方やパワーポイントの違い 3 users min-web.com コメントを保存する前に 禁止事項と各種制限措置について をご確認ください GoogleドライブにアップされたPowerPointは、Googleスライドに変換して表示されるため、音声機能に対応しておらず、そのままでは音声を視聴することが出来ません。 Googleスライドもパワーポイントも、プレゼン資料を作成する上で重要なツールです。Googleスライドとパワーポイントの違いを把握することで、制作する資料に応じてツールを変更し、作業を効率化することができます。 プレゼンテーションのスライドのサイズを調整することができます。 パソコンで Google スライドのプレゼンテーションを開きます。 [ファイル] [ページ設定] をクリックします。 サイズを選択するには、下矢印アイコン をクリックし、次のいずれかを選択します。 ① 動作がサクサクと早い 「Googleスライド」はGoogleが提供するスライド作成のアプリケーションです。 パワーポイントやキーノート(長いので略して「パワキー」とします)とは異なり、パソコンやスマホに インストールする必要はなく、操作はすべてブラウザ画面上で完結 します。 Googleドキュメント・Googleスプレッドシート・Googleスライドとは Googleが無料で提供しているオンラインアプリ。 マイクロソフトのOfficeシリーズに似ています。 ドキュメント=ワード スプレッドシート=エクセル スライド=パワーポイント. プレゼンテーション用にプロがデザインしたPPTテンプレートとGoogleスライドのテーマ。SlidesCarnivalのパワーポイント テンプレートとGoogleスライドのテーマには、メッセージを効果的に伝えるために必要なすべての要素があります。 毎月無料で公開されているもの(個人用および商業用)。 ?2 Googleスライドとパワーポイント(PowerPoint)の違いを比較3 まとめ Google(グーグル)スライドとは!? 皆さんは、『Googleスライド』を使ったことがありますか? プレゼンテーション資料の作成では、Microsoft Officeの『PowerPoint(パワーポイント)』や、Appleの『Keynote(キーノート)』が有名ですが、Googleスライドはそれらにはない便利な機能がついています。 GoogleスライドがPowerPointと大きく異なるのはオフラインの状態、スマホからでも作成できるというところ。Googleスライドであれば、どんな場所からでもスライドを作成できるので、外出の多い営業マンにはもってこいと言えるかもしれませんね。 Googleスライドで使用できる最小文字サイズは6ですが、PowerPointでは6未満のサイズも使用できます。細かいプレゼン資料を作成する際は、6未満の文字サイズを重宝するシーンもありますのでGoogleスライドでは物足りなさを感じることがあるでしょう。 印刷表示 4.「Google スライド」など無料の互換性があるソフトを使う 「Google スライドとは?パワーポイントとの違いや特長」の記事で解説した「Google スライド」は、グーグル社が開発したプレゼンテーションソフトで、Googleアカウントがあれば無料で利用できます。 3.1 1.いつでもどこでもスライドの閲覧・作成編集を行える; 3.2 2.インターネット上の画像や動画を挿入方法; 4 Googleスライドで使えるショートカットキー; 5 Googleスライドを活用することで仕事の幅が広がります… Googleスライドでは「非表示」という言葉がないので、できないと思っている人もいるかもしれません。 他にもあるGoogleスライドとパワーポイントの機能名称の違い 2021年1月13日; 2021年1月13日; お役立ち情報; Google プレゼンテーション用にプロがデザインしたPPTテンプレートとGoogleスライドのテーマ。SlidesCarnivalのパワーポイント テンプレートとGoogleスライドのテーマには、メッセージを効果的に伝えるために必要なすべての要素があります。 毎月無料で公開されているもの(個人用および商業用)。 【初心者必見】Googleスライドの基本的な使い方やパワーポイントの違い . 前提. PowerPointはGoogleスライドと違い、公式サイトからソフトをダウンロードしないと使えるようになりません。Googleスライドに比べて、PowerPointは最初に 手間がかかってしまう という特徴があります。 [2020.4.15更新]フォルダ内のM4A形式音声ファイル(複数)を、一括でMP3形式音声ファイルに変換する方式に改めました。 この記事は教員向けとなっております。一方で学生向けの内容も必要となりますので、学生向けの「Googleスライド資料の閲覧方法(一般化版)」を添付しておきます。 【初心者必見】Googleスライドの基本的な使い方やパワーポイントの違い 3 users min-web.com コメントを保存する前に 禁止事項と各種制限措置について をご確認ください 3.1 1.いつでもどこでもスライドの閲覧・作成編集を行える; 3.2 2.インターネット上の画像や動画を挿入方法; 4 Googleスライドで使えるショートカットキー; 5 Googleスライドを活用することで仕事の幅が広がります… スライドマスターは共通項目、スライドレイアウトは個別項目. Googleスライドもパワーポイントも、プレゼン資料を作成する上で重要なツールです。Googleスライドとパワーポイントの違いを把握することで、制作する資料に応じてツールを変更し、作業を効率化することができます。 スマホ・タブレットでは、Google スライドのアプリをお使いかと思います。 アプリでは、PDF にエクスポート(保存)する機能はありません。 Googleスライドは、Googleアカウントがあれば無料で利用できるプレゼンテーションツールです。 オンライン環境で公開することを前提に設計されているため、 Webセミナー(ウェビナー)やオンライン営業での利用に適しています。 Googleスライドの作成例 目次. パワポ(パワーポイント、PowerPoint)をのテクニック集 1.ファイルサイズを小さくする. googleスライドをご存知ですか? パワポ(パワーポイント)の代わりにプロジェクターでのプレゼンテーション用の資料作成等ができる優れものです。特徴や使い方、メリットを画像や実際のスライドを用いてご紹介します。 [2020.4.15更新]フォルダ内のM4A形式音声ファイル(複数)を、一括でMP3形式音声ファイルに変換する方式に改めました。 この記事は教員向けとなっております。一方で学生向けの内容も必要となりますので、学生向けの「Googleスライド資料の閲覧方法(一般化版)」を添付しておきます。 それは、 機能の違いがある部分が上手く表示できないことがある 点です。 例えば、パワーポイントからGoogleスライドにインポートする際に、パワーポイントにあってGoogleスライドにはない機能を使っていると、表示が出来ない可能性があります。 パワーポイントと違いメール添付で送らなくてよく、Google スライド上でメンバーを追加していくか、公開設定を変更すればよい。 「添付ファイル付きのメールを送らなくてよい」はちょっとした手間の削減だが、メール作成は時間がかかるためかなり効率化できていると思う。 Google スライドは、Googleドライブ上でスライドショーを作成することができるツールです。主にプレゼン資料を作る時などに利用されています。今回はそんなGoogle スライドの基本的な操作方法、PowerPointとの違い、テンプレート、裏技などを通してGoogle スライドの魅力に迫ります。 GoogleスライドはGoogleドライブのサービスの1つとして、Google社が無料で提供するプレゼンテーションツールです。 Google スライドが PDF としてエクスポート(保存)されました。 スマホ・タブレットでエクスポート(保存)する. Google(グーグル)スライドとは、Googleが無料提 パーソナル. グローバルスタンダードなプレゼン資料作成ソフトといえばマイクロソフトの“PowerPoint”です。Macユーザーなら“Keynote”に馴染みがある方が多いでしょうが、最近ではWindows向けOfficeとほぼ同等の機能を備えるにようになったことで、PowerPointを使用するMacユーザーも多いでしょう。, ちなみに今年後半には時期バージョンとなるOffice 2019がリリースされる予定で、Office for Mac 2019も同時リリースされます。, Office 2019で実装されている機能の数々はすでにOffice 365にて実装されているものが多いですが、ライセンス製品を好んで使用しているユーザーにとっては、多数の機能強化によって利便性が向上することでしょう。, PowerPoint以外にも様々なプレゼン資料作成ソフトが存在しますが、ここ最近人気を集めているのがグーグルが提供する“Googleスライド”でしょう。今回はPowerPointと、このGoogleスライドの違いについてご紹介します。, まずはPowerPointとGoogleスライドで共通している点についてご紹介します。, インターフェースに関しては共通している部分が多いでしょう。資料を作成するためのスライドが中央にあり、上部に編集するためのリボンがあり、画面左部にはスライドを一覧で表示しています。この基本インターフェースに関してはPowerPointとGoogleスライドで大きな違いはありません。, 図形やグラフを作成したり、画像を挿入したりとプレゼン資料作成ソフトとしての基本機能に大きな違いはありません。, Googleスライドで使用できるフォントは全部で19種類あります。そのうち日本語フォントはメイリオ、MS P明朝、MS Pゴシックの3種類のみです。一方PowerPointでは日本語フォントだけで数十種類用意されていますし、全体で言えばその何倍もあります。そのためGoogleスライドでは資料作成にあたって、フォントで表現を変えるという使用方法は難しくなっています。, Googleスライドで使用できる最小文字サイズは6ですが、PowerPointでは6未満のサイズも使用できます。細かいプレゼン資料を作成する際は、6未満の文字サイズを重宝するシーンもありますのでGoogleスライドでは物足りなさを感じることがあるでしょう。, Googleスライドではプレゼンテーション形式で資料を表示したり、PDFに変換して印刷した資料に関してはレイアウトが崩れることが多々あります。フォントが意図しない種類に変換されてしまうこともあるでしょう。そうなると、Googleスライドで作成した資料を一度pptx形式に変換後、PowerPointで調整を行ってから印刷するという作業が必要になるため多少面倒が生じます。PowerPointの場合は印刷時にレイアウトが崩れることはないので、ちょっとした作業効率アップになるでしょう。, PowerPointはご存知、マイクロソフトが提供するOfficeスイートに含まれる一つのアプリケーションです。これを利用するためにはOfficeライセンスを購入する必要があります。一方、Gogoleスライドはグーグルが提供するGoogleドライブというサービスに含まれるプレゼン資料作成ソフトです。Googleアカウントを作成すれば誰でも無料で使用できます, PowerPointはパソコンにインストールして使用するクライアントアプリですので、保存容量は使用しているパソコンに依存します。オンラインストレージと連携したりディスクを追加することで、自由に保存容量を増加できるため容量を気にすることは少ないでしょう。一方でGoogleスライドの保存容量は無料の場合15GBまでと決まっています。ただし、GoogleスライドだけでなくGoogleアカウントが提供するサービス全体で15GBを共有するので、保存容量に注意が必要です。容量を増やす場合100GBなら月額250円、1TBなら月額1,300円がかかります。, PowerPointでプレゼン資料を作成するにあたってExcelで作成した表やグラフや、Wordで作成したレイアウトをそのまま移行するといった使い方をしている方は多いでしょう。これに対してGoogleスライドでは、Googleスプレッドシート(Excel相当)とGoogleドキュメント(Word相当)との連携が弱く、作成した表やグラフなどをGoogleスライドにコピーするとレイアウトが崩れて微調整が必要になります。この点にストレスを感じるユーザーも多いかもしれません。, Googleスライドのアスペクト比は標準で16:9とワイドめです。A4などの印刷用紙との比率が合わないため、印刷を想定したプレゼン資料作成だと毎回4:3の標準レイアウトに変更し直す必要があるため面倒が生じます。, Googleスライドはグーグルのサーバー上で稼働しているアプリケーションです。ユーザーはそれをブラウザ経由で利用するため、クライアントアプリとしてパソコンにインストールするPowerPointに比べて処理速度は低下してしまいます。特にインターネット回線の調子が悪いと、Googleスライドではまったく作業が進まないということもあります。, 作成したファイルが破損しないか?という安定性について考えると、Googleスライドの場合はパソコンではなくグーグルのサーバー上にファイルが保存されるので、安定性に優れています。パソコンが故障してもファイルが破損するということはありません。一方PowerPointは基本的にパソコンにファイルを保存するため、パソコンが故障するとファイルまで破損する可能性があります。安定性を確保するには追加ディスクやオンラインストレージにデータバックアップを取ったり、そもそもの保存先をオンラインストレージに変更するなどの対応が必要です。, PowerPointに関する指南書はこれでもかというほど存在します。基本的な操作方法から訴求力の強いプレゼン資料作成の方法まで書店に行けば目的の指南書が必ず見つかるでしょう。それに対してGoogleスライドの指南書は非常に少ないでしょう。最近ではノウハウを掲載しているWebサイトも増えてきましたが、PowerPointのそれに比べると圧倒的に少なくなっています, Officeライセンスをクラウドサービスとして提供しているOffice 365を契約すると、PowerPointを含むOfficeアプリケーションを利用できるだけでなく、様々なコラボレーションツールも使用できます。たとえばOffice 365 Business PremiumというプランにはOfficeライセンスとExchange OnlineやSharePoint Onlineなどのコラボレーションが内包され、月額1,360円で利用できます。保存容量に関しては1TB使用できるので、Googleドライブの1TBプランと比較するとほぼ同額の料金でかなり多数のサービスを利用できるのが特長です。, ビジネスでのグローバルスタンダードは昔も今もPowerPointです。そのため、Googleスライドでプレゼン資料を作成しても、結局はpptxに変換してPowerPointで調整するという作業が必要です。それならば最初からPowerPointを使用した方が手間は少ないですし、視覚的に優れたプレゼン資料を作成することができます。, レイアウトが崩れやすいという点を考慮すると、セミナーや商談でGoogleスライドを使用するのはリスクが高いでしょう。PowerPointを使用すればレイアウトの崩れはありませんし、安定したプレゼンを行えます。, ただし、無料で使用できるという点から簡単な資料を作成するのにGoogleドライブを使用したり、プライベートで使用する分には問題ないでしょう。, PowerPointを導入する際は、Office 365も検討しコラボレーションツールを含めて複数の視点から検討することをおすすめします。, 現場での利用を追求した掲示板アプリのベストプラクティス 「Coo Kai BBS 掲示板」. Googleスライドは、Googleアカウントがあれば無料で利用できるプレゼンテーションツールです。 オンライン環境で公開することを前提に設計されているため、 Webセミナー(ウェビナー)やオンライン営業での利用に適しています。 Googleスライドの作成例 画像がたくさん入ったスライドが何枚もあると、 ファイルサイズ が大きくなってしまいます。 このようなときは「画像圧縮」機能を使用しましょう。 Google(グーグル)スライドとは!?パワーポイントと違い比較. ©2021 Leadplus Co., Ltd. All Rights Reserved. パワーポイントがパソコン上でファイルとして作成するのに対し、googleスライドはweb(クラウド)上 で作成 します。 ここが大きな違いで、googleスライドの特徴もすべてこの違いが根本となります。

免許失効 裏ワザ コロナ, 本厚木 フレンチ シェケン, Python If Or 文字列, ヨドバシカメラ 駐車場 最大料金, クラウド ファン ディング プロダクト, リュウジ レシピ本 ランキング, リーダー伝たけし 最強 ランキング, グラス バレー 製品,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です