HATE


HATE
2013
ミクスドメディアインスタレーション、 ライブパフォーマンス
スプレー、クレヨン、紙、レーザープリント、モニター、 アニメーション x3 (1:00, 1:00, 1:00) ペイント x8 (90*120 cm) 写真 (230*300 cm)

成長する過程で自然と学ぶことや、様々な経験を通し得るもの、そのコミュニティの中での振る舞い、そうあるべきであるという価値観や、きっとそうである、という先入観。そういったものは、新たなものに出会ったり、新しい概念を知ることで簡単に崩壊していく。

コラージュや自画像などの平面作品と短編のアニメーションを組み合わせたインスタレーション。同じ自画像が、巨大な平面と、モニターの中のアニメーションに映し出されている。アニメーションでは、自画像に罅が入り、破かれていく。空間にあるもう一つの自画像には、自分、そして来場者が落書きをしていく。「自画像に落書きをする」という行為を通して、自画像=個人に他者が介入し、既存の価値観や先入観が拭われ、新たな価値観が公共から入ってくる過程を展開する。

English EN Japanese JA