portrait

Portrait
2019

インタラクティブインスタレーション
キャンバス、アクリル、モニター、ウェブカメラ、PC
200x170, 90x50, 40x20 cm
訪問者がカメラを覗くと、その顔はキャンパスの絵にぴったりとはまる。その人の表情に反応し、音が奏で られる。一枚の絵に訪問者の身体が重なり、新たな肖像画を作り出す。
ヒトをプログラムが認識し、その情報を変換し、デジタル信号で出力する。画家たちが、ヒトを見て、感じた ものを筆に乗せてキャンパスに描いていくように、プログラムはその人をデジタル信号で描写する。
プログラムは、画家になり得るのだろうか。肖像画家は人の外見を描写するだけでなく、その人の性格や性 格を描写することを試みている。数多くの著名な画家、グラフィックアーティスト、彫刻家が肖像画を集中 的に扱い、それによって多種多様な表現の開発に貢献してきた。 肖像画は15世紀末から1900年頃にかけて貴族を中心に全盛期を迎えた。19世紀以降、写真、映写技術の 発達により肖像写真は肖像画を補完し、シーケンスを持つフィルムアートの領域にも広がっていった。この ように表現の幅が多用していく中でも、それを創造するのはヒトの身体であり、作家の感情的知性が創造 の源であった。 人間は自分自身を他人に感じ取ること、同情や共感を感じること、同情、同情、悲しみ、恐怖、喜びを表現す ること、怒りを爆発させることなどができる。また、人の身体の言語、つまり顔、身振りなどを観察することに よって、人の感情を「読む」ことができる。
人のように振舞おうとするプログラムは、デジタル信号でその肖像を描写する。その信号は、デバイスを通 して伝わる。それはインターネットを介し、無限に複製、共有され増殖していく。プログラムの画家には、そ の作品を展示する場所の制限も、キュレーターの好みも必要がない。ギャラリーという場所を離れ、展示・ 公開されていく。インターネット上に鑑賞者がいれば、検索されて出てくるだろうし、グーグルのおすすめに 出てくることもあるかもしれない。そこにははるかに自由な世界が広がっている。
新しい肖像画の形を模索し、その所存の同時多発性や空間の拡張性、新たな技術との向き合い方につい て思索する。
 
 
English EN Japanese JA